マチ付き

みなさんはガゼット袋って聞いたことありますか?この名前を聞いたことがなくても誰でも一度はみたことがあるものかもしれません。
ガゼット袋というのはマチがついているポリ袋のことです。
元々ガゼットというのは「ちょっとした」という意味でそこから派生して「マチ付きの」という意味になったそうです。
このようなマチの付いていて四角形になるガゼット袋はボールや電球などの丸いものを入れるのに使われたり、食パンのような四角い形のものを入れるのにも使われる包装資材です。ふりかけの小袋パックを入れるのにも使われていますし、お味噌もこのガゼット袋に入っていますね。たくさんものが入っていて詰めることによって安定感が生まれるので食卓や冷蔵庫にしまうものを包装するにはとてもぴったりです。

マチのついていない一般的なポリ袋だったら立体的なものや味噌のようなものは入れにくいですよね。そのようなちょっと特殊なものを入れやすくしているものなのです。
たしかに、その名の通り、「ちょっとした」工夫でここまで便利にしているものなんですね。
今はこのような便利な袋があるのが当たり前になっていますが、この袋じゃないと困ってしまうようなものも多いのかもしれません。
業務用だけではなく一般向けにも販売されています。






What's New

2013/02/13
最新記事3を更新。
2012/11/14
最新記事2を更新。
2012/10/10
最新記事を更新。
2012/05/07
選び方を更新。
2012/05/07
袋の作り方を更新。
2012/05/07
働きを更新。
2012/05/07
包装とはを更新。
2012/05/07
ガゼット袋は大活躍を更新。
2012/05/07
ホームページリニューアル

おすすめ記事

お菓子屋さんでも

このガゼット袋は大いに活躍の場を見せていますね!広く愛用されているからこそ、見る人に安心を与えてくれるのです。しっかり密閉されていれば、食べる事にも怯えないで済みますね。

すごい!

ガゼット袋ってすごいですよね! ああいう形じゃなかったら、味噌や液体のようなものは、袋に淹れても形が定まらないので、運ぶのが大変だという話を聞きました。

企業も注目

ガゼット袋を商業に使おうという企業も増えてきているようですね。ある程度まとまった量を一度に発注するとき、パッケージをキレイに、かつ使いやすくできるので人気が増して着ているようです。並んでいるのをよく見かけますよね。